株で簡単に儲かる方法

株をまるで魔法のように簡単に儲けることができるもの、と思うと痛い目にあうことがあります。これは株を甘く見た結果、投資や株についての学習を疎かにしたり、間違った投資のやり方に手を出すためです。ただ、正しいやり方なら儲かる方法はいろいろあります。法則を見ていきましょう。まず、初心者に最もわかりやすいのが株主優待と配当です。これは権利確定日と言って、株を持っている人が権利が確定する日に所有していればいいのです。ただし、当日に得ても意味がなく、だいたいその2日ほど前に権利付き最終日というものが来ます。この時の終了時点で一定以上の数を所有していれば、優待や配当が得られるというものです。配当は証券口座に入金されたり、配当金領収書というものが発行されるのでそれを郵便局で手続きをすることで利益をえるものです。これは会社の出した利益のうち、株主に謝礼として渡すというものです。一方優待の場合は代替商品やサービス券、金券などが配送されます。ただしどちらも送られてくるまでに2ヶ月から3ヶ月かかりますから、すぐにというわけではありません。そして株のメインとなるのが売買益です。これは会社の株を売ったり買ったりすることで利益が出るというものです。こちらの場合、ルールはとても明快です。安い時に買って高い時に売ればいいのですから、とても簡単ですね。基本的な利益の出し方となっており、売買によりとても大きな利益を出した人もいます。この時、どんな会社を買えばいいのか、ということはその人の見方によっても違います。また、マイナスになったらすぐに売るというのは早い場合もあり、その後に価格が回復することもあるのです。買うのも売るのもタイミング次第で利益が大きくなります。

株で気をつけなければいけないこと

昔は投資家が行っている印象が強かった株ですが、最近は一般の方でも株をしている方が多くなってきています。その理由として、ネットの普及と株が儲かるというイメージが強いことがあげられます。ですが、株価の変動により1秒1秒で売買値が変わっていく商品ですので儲かることもありますが、大きな損失を被る可能性も大いにあります。メディアなどでは利益を出した方だけをピックアップしていますのでそのような印象が強いですが、その裏側ではそれ以上に損失を出している方がいるという事をしっかり理解することが大切です。また、1秒1秒変化する株価を予測することは熟練の投資家でも難しいと言えます。偶然安く購入した株が高値になり利益をだせた事があれば、投資した会社が倒産しただの紙切れになってしまい大きな損害を被ることもあります。ある程度、経験を積んでチャートを読める様になったり予想ができるようになったりすれば、 ある程度大きな額での取引をしても良いですが取引に慣れていないうちはなるべく少額での取引を行った方がいいといえます。そうすれば、仮にマイナスの取引になったとしても一気に資産が減る心配はありません。 また、株取引で安定して資産を増やすためには事前に使うお金を決めておくことをおすすめします。1回の取引で小さな利益を出して積み重ねたいという方もいらっしゃいますし、1回の取引で大きな利益を得たい方もいると思います。どちらの場合にせよ、ここまではお金を出すという線引きをしっかりしておかなければ利益をだすどころかマイナスになりやすくなります。株は確かに利益を出すことができ、運が良ければ多額のお金を手に入れることができる夢のような商品ですがその反面リスクも大きいという事をしっかり理解して取引をすることが大切です。

株のメリットとデメリット

株のメリットは、もちろんですが利益を得られることです。利益は二つに分けられます。その一つが売買益です。株は価格変動しますから、安いときに買って高く売ることによって利益を得ることができますし、それとは逆に、高いところで空売りをして安くなってから買い戻すという方法で利益を得ることができます。これが売買益です。もう一つは配当金による収入です。配当金は株主に対して利益を分配するもので、必ずあるものではありませんが、利益が出ていれば多かれ少なかれあり得るでしょう。配当金は利回りにして数%くらいあるのが普通ですから、これによって資産を大きく成長させることもできるでしょう。ほかのメリットとしては、株主優待を得られることなどが上げられます。また、総会での議決権を得られることなどもメリットとしてあげられます。デメリットとしては、リスクを抱えなければならないことが上げられます。たとえば、ある企業に対して資産を投入したとしましょう。そして、その企業の業績が悪化すると株価が下落して大きな損失を発生させることになります。最悪の場合には企業が破綻してしまい、1円にもならないこともあるのです。このようなリスクを常に抱えていることは意識しておかなければなりません。ほかにもリスクはいくつかあります。流動性が低くて売りたいときに売れなくなるリスクもあります。大手企業ならこのリスクは小さいですが、新興企業などの中には流動性リスクが非常に高いものがありますから注意が必要です。少し前ならIT企業やバイオ関連企業などは、成長性が見込まれますが、新興企業であると言うこともあってリスクは高いという点に注意しなければなりません。
■旬なテーマ株など投資顧問ごとの特徴を見る
投資顧問について
■株で儲けたいならみんなの注目株をチェックすることから
注目株
■株の種類でメリットとデメリットも変わってきますので、まずは知りましょう
仕手株の情報はこちら