老後の株式運用にガンホーを組み込むメリット

超低金利政策が続いており、銀行預金や郵便貯金をしても大した利息が付かない現在、老後の資金運用に株式を組み込むことを考える人は多いと思います。株式運用は、大きく分けて短期で利ザヤを稼ぐ投機的手法と、企業の成長を見極めて長期保有を前提とした運用方法があります。現役時代は投機的手法で運用をしようにも営業の外回りでもなければ常に株価を見ることはできませんので不向きですが、老後であればこの手法は可能です。例えば、ガンホーのような株は、たった一つのスマホゲームであるパズドラの大ヒットによって、株価が10倍以上に上昇しました。この10倍の急騰で大金持ちになった投資家も多いと思いますが、このガンホーはこれで終わった訳ではありません。ガンホーは今後、パズドラで開拓したファン層に次のパズドラと同等の大ヒット作品を開発すれば、再び10倍以上の上昇が期待できることになります。即ち、これまでは短期での投機的手法で利益が得られたのですが、これからは新しいゲーム開発を気長に待つか開発の進捗を見守る必要が出て来ます。もちろんパズドラで得た豊富な資金がゲーム開発に向けられていることに間違いはありませんが、そのような意味では50歳代の世代が老後の資金として先を見据えてまとまった株数を投資しておいて、働いて収入を得ることが難しくなる70歳代に大企業に成長したガンホーで豊かな老後を迎えることも可能になると思います。もちろん、開発の進捗次第では青田買い的な買い需要が増えて株価が短期的な上昇も見込めるので、定年退職後の時間を持て余す老後には保有しているガンホー株をタネ玉に短期売買を繰り返して大きな利益を獲得すること可能になりまうs。